国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:STEED

スティードの話を全然書いてないので、たまには。



サンタツーリング2010の後、まともに動かしてなく、車検も切れ、エンジンもまともにかからない始末(´д`)アァ

STEEDとパワフィルター (2)


そんな訳で、今回はキャブをオーバーホールでもしてみようかと。



SUキャブオーバーホール

STEEDキャブのオーバーホール

ジャイロXのキャブ





キャブの詳しい説明等は過去の記事でも参考にしてください。




続きを読む

国産アメリカンSTEED(スティード)カスタムと銘打ってた割には、スティードの記事を書かなくなってたので国産アメリカンSTEED(スティード)カスタムをタイトルから外してみた(・∀・)

STEEDは手元に置いてあるけど車検が切れてるので、車検を通すまではとりあえず。



・・・で、久々に火を入れてみたらグズる(゚Д゚)



ガス欠の様な、エンジンのかからさなっぷり。

イグニッションコイルやプラグを再度確認しても問題ないので、ポンプを疑ってみた。

STEEDポンプ (2)


↑こいつ。


続きを読む

天気の良い昼下がりに起きたら嫁が出かけてしまっており、蛻の殻な休日となったので久々にSTEEDに跨ってみた。





・・・運転し辛いな、これ(゚д゚)



晴れてるし、役立ってる割には全くと言っていい程整備をしていないジャイロXの消耗パーツを購入しに、○ップスへ。





『晴れてるしバイク日和だな~(*´Д`)』



と、呑気に走ってたらやたらとスピードがでない。





『1-2か月まともに動かしてなかったから、グズってるのか!?』



と思いつつ暫く走らせたけどダメ。



うららかな日和の中、路肩へスティードを移動させてバイクいじり。














続きを読む

ニラキャンなんかで見かけた、走行中にタンクが外れる仕様の紫色のSTEED600。



その紫色のスティードがバッテリーを移設しているのを見て、バッテリーを移設しようしようと思いつつ月日は流れてましたがチョットだけ時間が空いたので移設作業。



STEED特有のおにぎり型のエアクリはパワーフィルター化で取り除いてるのでエンジンはすっきり。

スティードエンジンオイル交換 (16)スティードエンジンオイル交換 (17)


バッテリーはサイドカバーを外して、バッテリーを外して、バッテリーを納めてるケース?の様な黒い物体をボルトを外しながら外していくとサスが剥き出しになってスカスカのスカチューンになります。




続きを読む

天気が良い休日だったので、エンジンオイル交換。



まずは、サイドスタンドの下に小さなブロックを挟み込んで反対側のフレームにジャッキをかましてジャッキアップ。

スティードエンジンオイル交換0スティードエンジンオイル交換 (1)


エンジンオイル交換は今まで何回も書いたので、詳細は過去の記事も参考にしてください。




続きを読む

気づいたらテールが消えてる(゚д゚)ナゼ!?

P1080828


ドライバーでレンズを外してみると、バルブが弾けた様に割れてる。

P1080829


調べてみると、この汎用のクロステールについてたバルブがSTEEDに合ってなかった。



熱量が大きすぎて、熱でバルブが割れちゃったみたい。







適切なバルブを購入し、無事に復活。







そんな訳で、汎用の電飾品を購入したらバルブもチェックしてみて下さいね。

昨夜、仕込んでおいたバッテリーをSTEEDに積んでみた。

バッテリー


【-】側の配線を外さないで【+】側にバッテリーを引っこ抜ける仕様にしてあるので、バッテリー交換が楽々。

STEED復活


キャンプに行く時に荷物を積むよりも遥かに楽にバッテリーが積める。

配線をサイドボックスまで引き込んで、車のバッテリーでも積んじゃおうかな( ・∀・)フム



・・・で、積んでセルをまわしたらエンジン始動♪



これで忘年会の会場までは辿りつけそうだな。

途中で停まったら怖いから、下道だけど。

ここで、かの変態王子(仮名)にバッテリーを貸した事をすっかり忘れて、



『忘年会で何を忘れようかな~(・∀・)』



と呑気な事を言ってしまっておりました。





そう。会場まではバイクで行って泊まりなのに、肝心なスティードがバッテリーレスでは動かないではないか。

はてさて、如何致そうかと思案してると変態コール。

ディーロバッテリー




変態王子:『あたしが置いていったバッテリーがあるじゃない』

     『新しく買ったバッテリーなんて、納豆バッテリーなんだから。』

 

・・・と、オスギばりの会話を繰り広げてくれた変態コールが終わった後は、変態王子が置いていったバッテリーをカスタム♪






続きを読む

レギュレーターの配線交換も引き直して、時間もあったのでエンジン左側のスイッチボックスの配線の処理でもしようかと一念発起。

本当に1年近くも配線処理をしないでいたしね(;´Д`)アァ



カプラーが場所をとるので、カプラーを外して配線処理♪

STEEDエンジン左側


要らなそうな配線をチョチョイと切り外して、必要な配線を適度に引き直して完了。

スティードエンジン左側


見た目が多少スッキリした程度な、自己満足なカスタム。



・・・見た目が多少スッキリしたのはいいけど、必要な配線も切り外したみたいでETCに電力がいかなくなったw



ETC割引を適用させる為に早朝集合にした紅葉ツーではETCが使ええなかった(゚д゚)ザンネン



時間がある時に配線を引き直さねば。

キャブあれこれで解るように、着けては外して外しては着けて楽しんでたキャブ。SlowRider湘南ツーで吹っ飛んだりもしたSUキャブ。

SUキャブ


そんなSUキャブを引き取ってくれる方があらわれたので、さようならですよ。








続きを読む

先日もバッテリーあがりをおこしたから、レギュレーターが怪しいと睨んでました。

オルタネーターな可能性もあるけど、オルタネーターが駄目になってたら、自分で直すには手間取りそうなので無視w



まずは簡単に交換できるレギュレーターから。



何故かストックしてあった中古のレギュレーター。

ストックレギュレーター


レギュレーターなんて10年近く壊れないだろうパーツなので、中古で充分。

たぶん。



STEEDのレギュレーターはこの位置にあります。

スティードのレギュレーター


カプラーを外してボルトを2本緩めれば外れます。








続きを読む

土曜も仕事で、金曜も夜遅くに帰宅。



SlowRiderの焼肉王子(仮名)から仕事中にやたらと着信が入ってたから、折り返してみても出ない。



メールもしてたのに返ってきてなかったから、着信があったことを忘れて帰宅。



帰宅し、BEERのプルタブを空けたところで電話。

何となく予感があったのでbeerは飲まずに電話にでてみたらバッテリー上がりなトラブル。



しかも、バイクでなら10分程度でい行ける場所。





・・・で、行ってきましたよ。

バッテリー上がりのビラーゴを救出に。

ビラーゴのバッテリー上がり


何度かバッテリーが上がってるらしく、バッテリーも駄目になってるんだけどレギュレーターが駄目かもよ~なんて話をしながら、ブースト。





バッテリーが完全に逝ってそうだけど、何とか復活。



SlowRiderのビーラーゴマニア(仮名)に連絡してみたりしながら、バッテリー上がりの焼肉君を見送って帰宅。





・・・(;´Д`)アァ



さすがに嫁も寝てて、深夜番組をみながらチョット冷めた御飯w





『この借りはいつか焼肉君に返して貰おう』



と思いつつ、この数日後に起きる悲劇を予想できないまま寝につくのでした。

バッテリー上がりでプラキャンに行けずでも書いたとおりに、バッテリーが上がってしまたので充電してみた。



こんな時に役立つのがバッテリー充電器



ある程度のバッテリーあがりなバッテリーなら、見事に復活してくれます。



まずはサイドカバーをガクガクっと外していきましょう。

STEEDのサイドカバー


STEED600のサイドカバー外し


STEEDのサイドカバーは簡単に外れます。






続きを読む

ジャイロでもイジってのんびりしよ~かな~なんて思ってた昼下がり。



『来ちゃいなよ』



って事で、ノリでキャンプに行ってしまおうかとシャッキっと準備をしていざ出発。





・・・・ん?





キュルル





キュルル・・・

キャンプ


(*´Д`)アァ



バッテリーあがり。

そーいえば、GYPSYの一周年キャンプの辺りからバッテリーの調子が悪かったのを放っておいたな。



ジャイロでブーストするも、ダメ。

バッテリーあがり


突発でキャンプで上がってたのに、バッテリーがあがってテンションは下がる。



そんな感じで、バッテリーを引き上げて充電中なのです。



新しいバッテリーを購入しようかな。

『今日、ガレりませんか?』



と、天文学の父、ガレリオ・ガレリイ氏(仮名)よりメールを頂いたので遊びに行ってきましたよ。



何度か行った事があるのに、多少道に迷いながら到着。





『オンロードからオフロードタイヤに換えようと・・・』



と言いながら、セローのタイヤ交換をタバコでも吸うかの様になんて事なくこなしてる。



タイヤ交換を、こんなに気軽に行うなんてこの人もバイクの整備馬鹿だな~と思いつつ、セローを支えるのを手伝ってみたり。





ガレに在った便利な工具。

工具


何て名前なんだろ?

これ欲しいな。




続きを読む

ステアリングステム ベアリング交換でも、ガタつきが解消されなかったSTEED。



初心に帰ろうと、調子が良かった頃のバイクの画像を眺めてみたら・・・



調子が良かった頃

昔の画像




今の画像




そう、カラーの位置が若干違う。

このカラーの位置を変えたからといって、何かが急激に変わるとは思えなかったけど変えてみる事に。








続きを読む

先日入手したパーツを、古いパーツと交換すべく作業。



本来なら、



●ベアリングレースリムーバ

●ステアリングステムソケット



こんな専用工具が必要なんだけど、バイク屋さんではないのでそんな工具は持ち合わせてないので他のもので代用して作業を進めました。





まずは、車体をジャッキアップ出来る様にジャッキをフレーム下へ入れておきます。

※フロントホイールやフォーク一式を外す為。





まずは、ニョキーンと天を貫いてるハンドルが作業の邪魔なので外します。

スティード600


ハンドルポストの上側をサクサクっと外して、配線を適度に外せばハンドルは邪魔にならない位置へ移動出来ます。

ハンドルポスト







続きを読む

ステアリングのベアリング周りのパーツ【トップスレッド・ダストシール・アッパーインナーレース・アッパベアリング・アッパアウタレース・ロアアウタレース・ロアベアリング・ロアインナレース・ダストシール】を入手致しました。

ロアベアリングアッパベアリング


先日スティードのステアリングでも書いた通り、ステアリングのベアリング周りを新しいものへ交換してみようかと。



ベアリングはこんな球のようなものが連なってるパーツです。

ベアリング


パーツ購入の際に、店員さんから『圧入がなんちゃら』なんて言葉が出てたのに軽くスルーしてしまい、今度は某C氏からも『圧入してあって取るのがほにゃらら』とメールがきました。

以前にフロントフォークをスプリンガーに変えた際に、圧入なんてものを気にしないで作業(ロアアウターレースやアッパアウタレースを交換しなかった)したので、STEEDには圧入なんて関係ないものと勝手に思い込んでたので、サービスマニュアルを読み解いてみました。



どうやら、ロアアウターレースやアッパアウタレースを外すには専用工具が必要みたいなんだけど、工夫すれば専用工具じゃなくとも外せそうなので問題はなさそう。



問題あるのかな(;´Д`)



サービスマニュアルを見る限りは問題がないので、スプリンガーフォーク一式を外してみて現物を見てみる事に致します。



さぁ、どうなるんだろ。





続きはまた後日。

タイヤ交換は済んでたので、メーターギヤボックスの入荷待ち状態。



そして、メーターギヤボックスがやってきたので取り付け致しましたよ。



ブレーキキャリパーを着けたり外したりする際に必要な工具。

F型クランプ


F型クランプ(100円)。

専用工具も売ってるけど、うん千円するのでF型クランプで代用代用。



シリンダーに傷をつけない様に、押し戻します。

ブレーキキャリパー001


押し戻さないと、プレーキパッドが巧くはまらなかったりするので気をつけて下さい。








続きを読む

メーターギヤボックスとハブベアリングで書いた通り、粉砕されていたパーツ。そんな粉砕されていた辺りを注文しにナップス

steedフロントホイールとジャイロ


言葉で説明するのが面倒臭かったので、NEWなフロントホイールを持参。

取り付けするのに足りないパーツを頼むことに。



粉砕されて出てきたパーツもジップロックして持参。



新しく入っただろう店員さんと、そんな粉砕されたパーツについて色々話してメータギヤボックスを注文。



・・・で、せっかくフロントホイールごと持ってきたのでタイヤ交換も頼んでみた。

ホイール持込だと、工賃が500円安くなるんだね( ・∀・)



何気に忙しかったので、翌日にホイールを引き取りに来る事を伝えて帰宅。






続きを読む

みたままつりに向かい、不動になった後に、戻ってきたSTEED



フロントホイールのスポークの錆びの所為で、センターがずれたりしてブレーキディスクが歪んだりしたものと想像してました。



某集まりのBOSSのバイクから、スピンナーハンドルを回収(・∀・)

moon号からスピンナーハンドル


スプリンガーフォークのフロントホイール外しに使う工具。

スピンナーハンドル


ノーマルフォークだと、ヘキサゴンレンチが必要。








続きを読む

みたままつりに向かって動かなくなったSTEEDが帰ってきました。翌日に。



JAFも良かったけど、見積もりで3万円程度。



グニョングニョンになったといいつつも、低速なら走れなくもなさそうな感じもしてたので、3万円を出す価値はないな~と、もっと安い業者を探してたら日本レスキューがHIT。

日本レスキュー





続きを読む

GYPSY ROADな方から連絡を受けて、キャブイジりの冷やかしに行ってきましたよ(・∀・)



今回、キャブをイジったのはこのSTEED。

ジプシーロードのスティード


悪く言えば冷やかし、良く言えば解らない事が出てくるまで手を出さない。

外したタンク


そんな感じで、後ろで珈琲を飲みながら冷やかし冷やかし(*´Д`)








続きを読む

STEEDとラーメンとモヒカン頭



これから不定期開催な恒例イベントになったラーメンツー。



茨城ラーメンツー茨城カスタム&ラーメンツー・その他・・・



記事をどこに書いたのか見つけられなかったので、後で編集致しますが、何回か開催されている訳ですよ。

ラーメンとバイクが合わさった、ラーメンとバイク好きには最高なイベントです(・∀・)





今回は『STEEDのキャブをイジってセッティングをしつつ、かっちゃんのお薦めラーメンも食べよう。』なツーだったのですよ。





でも、気の所為か、かっちゃんとラーメンツーの予定を組むと雨が多い・・・(´Д`)

今回も天気予報は雨。

忙しいからなかなか予定が空けれずに、一ヵ月以上前が予定を組んでたってのに、前日天気予報を見て雨天中止。





『こうなったら、夜に呑んだくれてやる~』



と思いつつも、雨で外に出る気力ゼロ。



宅飲みし、迎えたラーメンツー当日に携帯の着信音で起床。

『雨止みましたよ~(´∀`)』



と、かっちゃん。



空を見上げると確かに止んでる。



予定もなかったので、決行。



準備をし、いざ出発しようかと思ったらシトシトとパラついてきた・・・(・・;)



でも、午後から晴れな予報だったので雨具を着込んで出発。



すいすいと環八を北上。

関越へ乗り込んで、所沢ICで高速をおりる。

STEED


『前はここで、色々な方々と待ち合わせたな~』



と懐かしんでから、下道を激走。



最近出来たアウトレットの所為で、道が混んでたりしたけど、無事にかっちゃん家到着。



本日のメインディシュのSTEED。

スティード


『前にラーメンツーをした時は、サンダーヘッダーを取り付けてラーメンを食べたりしたな~』



と懐かしむ。



到着してからは、早速丸永へラーメン






続きを読む

テールランプ配線処理の為、ボックスレス。



ウィンカーが点かない・・・



テールランプ クロステールライト 



こんな感じで、不調続きだったティアドロップ型のテールライト。

クロステールを仮取り付けしたけど、タイラップで取り付けてたのでステンアイナットを使ってきっちり取り付けてみた。

※そのうち、某氏宅で溶接でナット部分を取り付けてもらう予定だけどね。



東急ハンズで購入。ステンアイナット。

ステンアイナット001



このナットを巧く使って、クロステールライトをつけるモールを取り付け予定。

ステンアイナット002








続きを読む

パワーフィルター化パワーフィルター化 メインジェット変更でパワフィル化してたのに、クラッチワイヤーの不良に気付かずに、SUキャブとノーマルマフラーなんぞに交換したりしつつ、結局はノーマルエアクリ&ノーマルマフラーに戻してたSTEED600。



先日、エンジン載せ換えでTM40を着けてるSTEEDを見てからは、



『やっぱりノーマルエアクリじゃ面白くないな~』



と思ってたので、またしてもパワフィル化。

パワフィル化の詳しい内容は前出の、パワーフィルター化パワーフィルター化 メインジェット変更を参考にして下さい。



他にもキャブレター関係の記事も参考にどうぞ。





そんな訳で、今回外すのはこのおにぎりタイプのノーマルエアクリ。

スティードノーマルエアクリ





続きを読む

トリプルとフロントフォークの延長キットを入手した、VSE氏(仮名)のSTEED。

トリプル交換前STEED


交換前の写真を一枚。



昼過ぎに待ち合わせをしてから、ナップスの三鷹店で待ち合わせ。

トリプルの交換やらに必要なパーツやらグリスを購入してたら、ニンジャ乗りな兄弟(仮名)が登場。学生って怖いな。せっかくの有給に浸ってるってのに、こいつらみんな春休みだよ(-_-;)



ナップスの後はイージーライダースへ寄って、ステンメッシュなブレーキホースを購入。



・・・で、やっと作業開始。



配線を外すと面倒臭いので、ハンドルやらは配線を繋げたまま外していくとこんな感じであっと言う間にフロントフォークは外れます。

フロントフォーク外し







続きを読む

サイドボックスの蓋が飛んだのが、去年の7月の終わり。丸々7ヶ月は、右側のサイドボックスが無い状態でした。サイドボックス案1サイドボックス案2でサイドボックスをどうしようか悩んでたけど、サイドボックスを某オークションで購入。




続きを読む

以前に切り裂かれたシートで書いたシート。シートリペアで補修したってのに、またまた切り裂かれました(-_-;)

ノーマルシート


パックリ

パックリ


前は傷無しなシートだったのでショックが大きかったけど、今回は『またか~』な程度でした。



切り裂くのが楽しいんだったら、シートをあげるからどの辺に楽しみがあるのかを教えて欲しいな。

ウインカーが点かないで配線を直したけど、どうにも調子が悪くヒューズが飛び巻くってたテール。



元々、フェンダーに付いていたものを気に入ってる訳でもなく使ってたし、後ろからみると夜道でかなり暗い。



『テールを変えてみよーかな』



と、ネットやらナップスやらで探したけどイマイチ。



久々にイージーに行ったら、前は何となく嫌いだったクロステールが魅力的な形に見えてきたので衝動買い。

テールランプ


テールランプを外すには、リアボックスやら何やらを外してからじゃやにと取り付けできなくて面倒臭いので、サイドボックスのステーにクロステールライトを固定。

クロステールライト


点かないテールライトが装着されてるのは微妙だけど、暫くはこれでいいかなー・・・


前にエンジン降ろしなんて事を行いました。



この記事を見てたSTEED乗りのくろすけ(仮名)が、カムチェーンが外れた臭いエンジンを降ろして新しく購入した中古エンジンを載せるらしく、冷やかしに行ってきましたよ。



免許更新→都庁でラーメン→冷やかし



そんな完璧なプランな一日の予定。



意外と暖かな日差しの中ブロローンと走って、迷いつつもくろすけ宅へ。

到着したら、ViragoとハーレーFXDB 07sに乗ってるうまい棒嬢(仮名)も冷やかしに来てた。



そんな、積み替え前のスティード。

STEEDエンジン積み替え前


エアクリやらキャブを外すとメチャクチャカッコイイ。

エンジンアップ


この間も、うまい棒嬢はうまい棒を食べながら冷やかし。



さんざん冷やかした後は、ハーレーに跨って仕事へ行っちゃいました・・・










続きを読む

時間があったので、東宝大工センターへ。

東宝大工センター


世田谷ナップスから程良く近い場所にある、結構使えるホームセンター。



まだ持ってないけど、そのうちこんなセットも欲しいな(・∀・)ウホウホ

タップダイスセット





続きを読む

11月にパワーフィルター化。その後、メインジェットを120番へ変更

この辺りは調子が良かったSTEED。



サンタツーの時には、調子は悪くなかった。



気付いたら、低速がスカスカになってたのでメインジェットだけをイジってたのでセッティングが狂ったんだと思い、



パイロットスクリュの調整



更にパイロットスクリュの調整



を行いました。

それでも調子がよくならないので、スロージェットの交換をしてみても駄目。



何となくSUキャブの装着ティクラーポンプからのガソリン漏れを経て、イリジウムプラグ+ノーマルキャブ&エアクリへ戻してみたら、何となく低速も復活。



でも、やっぱり低速が思い出の中のスティードよりのびない(*´Д`)



『STEEDってこんなに出だしが遅かったかなー?』



と、何となく妥協しつつ、次はプラグコードかなーなんて思ってたけど、見落としていた場所を発見。

クラッチワイヤー


そう。クラッチワイヤー。



『クラッチワイヤーと低速ののびって関係なくないか?』



なんて思うだろうけど、伸びない感じがクラッチを握った状態でスロットルを開けた時の様な状態。



もしやもしやとおもいつつ、クラッチワイヤーの遊びを増やしてみた。

クラッチワイヤー遊び


指で押して軽くしなる程度へ。






続きを読む

ティクラーポンプからのガソリン漏れな為、まぁまぁ調子の良いSUキャブを外す事に。

SUキャブ


ティクラーポンプリビルドキットも発注済み。



何となく低速のトルクがないので、NGK IRIDIUM IXなスパークプラグに交換。

イリジウムプラグ


左がイリジウム。極細な電極。




続きを読む

『なんかガソリン臭いな~(*´Д`)』



と思ったら、先日取り付けたSUキャブのティクラーポンプからガソリンがしとしとと滴ってるではないか(;´Д`)ウソーン



『ティクラーポンプって何よ?』



って御方はSUキャブ ティクラーポンプを参考にどうぞ。



そんな訳で、ティクラーポンプを分解してみる事に・・・

ティクラーポンプ


分解するとこんな感じ。

ティクラーポンプ内部


Oリングが劣化で駄目になってる・・・






続きを読む

スロージェットを交換しても、いまいち調子が悪いスティード。



『ノーマルキャブにノーマルエアクリに戻してみた方が早い』



と思い、またしてもスティードイジり。

タンク外し


キャブなんかより、このイグニッションコイルやプラグコード辺りが怪しい気もするんだけどね・・・。

イグニッションコイル







続きを読む

ホーンを交換してみても、スイッチを交換してみても鳴らないホーン(;´Д`)



『配線がどこかで切れてるのか?』



と、目に見えない所の断線を疑ってました。

ホーン


駐輪場に、STEED400がもう1台居るのでそいつのホーンが鳴るか確認。



STEED400のホーンは正常。



STEED400にSTEED600のホーンを付けてみて、鳴らしてみる。



鳴らない。STEED600のホーンが壊れてる。



STEED400のホーンをSTEED600に付けてみる。鳴らない。



STEED600の配線かスイッチ辺りが怪しい。



STEED600のホーンのスイッチを交換。鳴った(・∀・)





そんな訳で、ホーンもホーンスイッチも壊れてたって事でした。

前回の車検の時は鳴ってたのに、いつの間に壊れたんだろ?


先日購入した、メタルフレークグリップ



TRIJYAの刻美シリーズの真鍮グリップを着けたかったけど、高いので断念( ・ω・)





ハーレー用のスロットルハウジング。

スロットルハウジング


『スロットルワイヤーの口径が違うから使えないなー』



とストックしてたけど、電動ドリルでグリグリ削れば何とかなると黒テープ(仮名)に聞いたので早速加工&取り付け。

電動ドリルで穴を大きくして、無理矢理取り付けたけど何とかなるね。



タップを持ってる人なら、タップを切った方がいいかも。



グリップ交換前。

グリップ交換前







続きを読む

パイロットスクリュを調整してみて走ったけど、一人で走ってる時は然程感じなかったのに、2人乗りをすると驚くほど加速しない(;´Д`)ナンダコレ?





『パワーフィルターが外れてるのか?』



と、シートやタンクを外してチェック。

パワーフィルター001


パワーフィルター002


目視で確認出来る範囲には問題が無い( ・ω・)ウムー




続きを読む

パワーフィルターにしてから、なんとなく放置してたパイロットスクリュの調整。



プラグコードの劣化なんかがあったから、最近の低速の伸びの無さは



『また、プラグコードか?』



なんて思ってたけど、プラグの火花をチェックしてみたら問題なし。



プラグコードの劣化に気付く前にメインジェットを115番へ変更したから、



『もしかしたらメインジェットの番数が大きすぎるのかなー?』



とも疑ったけど、まずはパイロットスクリュ。



STEEDのパイロットスクリュはこんな所にあります。(左右にあるので、調整は左右両方必要。)

パイロットスクリュ


ノーマルエアクリだと、一旦エアクリを外さなきゃキャブが見えないから不便だよね。



セイのスティードはパワーフィルター化してるので、直ぐに調整出来る(・∀・)ウホホーイ



マイナスドライバーで回して調整するんだけど、このマイナスドライバーで何回転させるかってのが重要だから、パイロットスクリュを今の状態から調整する時は何回転で全部締まるのかを数えてから調整した方がいいよ。

パイロットスクリュ002


時計回りで締まるから、全部締まるまでに何回転だったのかをメモっておくのがベスト。



調整してて訳が解らなくなったら、最初の状態に戻せばいいんだからね( ・ω・)





全部締めるといっても、力一杯締めちゃうとパイロットスクリュの先端が折れたりするので、



『あっ、締まったな』



と思ったところでストップして下さい。



スティード400の標準戻しの回転数が 2 3/4回転

スティード600の標準戻しの回転数が 2 1/4回転





これも覚えておくと便利。



【2 1/4回転】【2 2/4回転】【2 3/4回転】で走ってみたら、【2 3/4回転】が調子が良かったので、暫くこれで様子をみてみます。



何となく、メインジェットの番数が高いような気もするけど・・・





『パイロットスクリュをイジったらどうなるの?』

『メインジェットをイジるとどうなるの?』



そんな方は、KENSO キャブレター基本セッティングマニュアルを参考にどうぞ。





ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天

LINEで更新通知が届きます


どこからともなく漏れてきた、緑色の液体がエンジンヘッドに。

冷却水漏れ


確かこいつの血の色も緑色じゃなかったか?



妖怪人間ベロ


等と思いつつ、ネック下に小さな傷ついた妖怪人間が潜んでいないか探してみたけど、妖怪人間は見つからず。ザンネン(*´Д`)





代わりに、フィラーネック(ラジエーター液の注入口)辺りから緑色の液体が染み出してるのを発見(;´Д`)



サンタツーリングの前に修理しておこうと思って、近所のホンダへ部品を取り寄せて貰いに行ったら、冷却水も交換して工賃が5千円程度しかかからないらしいからパーツが届いたら交換して貰おうと待ってたのに、サンタツーまでに部品は来ずに年が明けてしまいました。



待てども連絡が来ないから、こっちから電話をしてみたら



『申し訳御座いません。パーツ届いてました。』



だって。

まぁ、人間誰だって連絡を忘れたりはする。

こんな事でクレームを出してたら、世の中のクレーム処理を仕事にしてる方々がかわいそうと思いながら、ホンダへ。



寒くて、自分で交換する気にならなかったので、ホンダへスティードを預けて徒歩って帰宅。



暫く家でゴロゴロしてたら、



『修理完了しました』



と電話。

さすが、プロ。仕事が早い。



また、徒歩ってホンダへ。

エンジンヘッド001


出来上がったエンジンヘッドを見るとピカピカ(*・∀・*)




続きを読む

年末年始とバイクを放置していた所為なのか、長い距離をあまり走ってなかったからなのか、セルを回す時の音でバッテリーが弱ってるなーと思った







国産アメリカンSTEED(スティード)カスタムなわりには、スティードの話がないなーって事で、今回はバッテリー充電。



必要な道具はプラスドライバーのみ。

プラスドライバー




まずは右サイドカバーを外す。

右サイドカバー


ドラッグスターなんかと違って、手袋をはめてガガガっと外せば簡単に外れます。






続きを読む

アイドル君とSUキャブとガトリングSUキャブリング交換とタンクシールカスタムで書いた様に、装着するとメチャクチャかっこいい(*´Д`)

SUキャブ


でも、冬場はアイシングがでたりトラブルが多いマシンに早変わり。



でも、トラブッたお陰でツーリングが思い出深いものにも変わったりする。







そんな訳で、売ろうかどうか悩み中。

SUキャブ002


暫くは、部屋のオブジェかな(・ε・)

↑このページのトップヘ