国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:ラジエーター

一緒に走ってたバイクのスロットルワイヤー(アクセルワイヤー)が切れた(´Д`)

スロットルワイヤー


原因はここ。

ワイヤーの取り回しが変になってて、ハンドルを左に切った時に、ハンドルロック周辺の圧力がワイヤーにかかってたみたい・・・






続きを読む

エンジンを搭載したので、エンジンオイル交換。

ジャッキアップ


エンジンを降ろす前に排出しておけば良かったのに、忘れておりました・・・(-Д-)

エンジンオイル排出


次回、エンジンを降ろす事があれば降ろす前に排出しておきます。








続きを読む

ネック下にカバーをしているスティードなら、まずはそのカバーを外して下さい。



セイはカバーレス。



ラジエータキャップが見えてくると思うので、ラジエータキャップを外します。

ラジエータキャップ


注意点としては、走り終わった後なんかにあけちゃうととても危険なのでエンジンが冷えてる時に作業するべし(・∀・)



エンジン下部に、ラージエータ液を受ける受け皿を設置。

受け皿は、底が浅い小さめなダンボール箱にビニール袋を2枚程度かさねて、排出した液がビニールから漏れないようにすれば大丈夫(・ε・)



受け皿を設置したら、エンジン左側の下方にあるウォータードレンボルトを緩めて外す。

ウォーターポンプドレンボルト


妖怪人間に流れてそうな、緑色の液体がサラサラと流れでてきます。

全部出てくるまで、缶コーヒーでも飲みながらゆっくり待とう。








続きを読む

↑このページのトップヘ