国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:バイク

ニラキャンなんかで見かけた、走行中にタンクが外れる仕様の紫色のSTEED600。



その紫色のスティードがバッテリーを移設しているのを見て、バッテリーを移設しようしようと思いつつ月日は流れてましたがチョットだけ時間が空いたので移設作業。



STEED特有のおにぎり型のエアクリはパワーフィルター化で取り除いてるのでエンジンはすっきり。

スティードエンジンオイル交換 (16)スティードエンジンオイル交換 (17)


バッテリーはサイドカバーを外して、バッテリーを外して、バッテリーを納めてるケース?の様な黒い物体をボルトを外しながら外していくとサスが剥き出しになってスカスカのスカチューンになります。




続きを読む

天気が良い休日だったので、エンジンオイル交換。



まずは、サイドスタンドの下に小さなブロックを挟み込んで反対側のフレームにジャッキをかましてジャッキアップ。

スティードエンジンオイル交換0スティードエンジンオイル交換 (1)


エンジンオイル交換は今まで何回も書いたので、詳細は過去の記事も参考にしてください。




続きを読む

事故った時にやっておくと良いのが現場の写真や動画をダラダラと撮っておく事。



個人が事故の交渉をプロとしようとしたとしても、知識で適わなかったりする。

事故現場


でも、現場の証拠があれば論より証拠だからね。



今回は事故の当事者じゃなかったので、事故直後の写真はなかったけど翌日に現場に行って写真と動画を適当に撮り撒くってたものが残ってた(・∀・)ウホーイ



さらに、先日も相手を言い包めるために現場に向かってみた。






続きを読む

キャブを2度もOHしたのに動かないSTEED400。



↓参考にどうぞ↓

キャブOH2度目

キャブOH1度目



そんな訳で3度目の正直で3度目のキャブOH。



まずはキャブをササっと外します。

キャブ外し


キャブとエアダクトチャンバー等を外してスカスカしてきたら、エンジン内部に埃なんかが入らないようにウェス等で穴を塞ぐ。(今回はビニールテープで保護)

ビニールテープで保護





続きを読む

↑このページのトップヘ