国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:シリンダヘッド

前回、ボルトが舐めてしまい作業がストップしたままのエンジン。



ターボソケットなるものを探しておりましたが、値段との折り合いが合わずにディスクグラインダーでボルトを削ってしまう事に致しました(*´Д`)



軽く削ってみたボルト

削ったボルト1


元々10mmだったボルトを、削って巧く9mmで回せないか試してみたけど、そんなに簡単に上手くはいかないね(・ε・)ブヒー



今回利用した、ディスクグラインダー(・∀・)

ディスクグラインダー


『何かあったら使えるかも( ゚ρ゚ )』

と、某○ンキホー○で3千円程度で購入して、ストックしてあったシロモノ。








続きを読む

フレームから外して、部屋に持ち込んだSTEEDのエンジン。

スティードエンジン


STEED好きなら、これを眺めながらお酒を飲んだりできます(・∀・)



シリンダーヘッド

シリンダヘッド


なんでエンジンを下ろしたのかと言うと、リア左側のプラグを挿すネジ山が潰れちゃってるから・・・(;-o-)

スプリンガーフォークを部品取りにする為に、車体ごと某オークションにて落札したんだけど、出品者はネジ山がイカれてるのを知ってたんだろーなー(;-o-)

引き取ってから、きちんと確認しなかった自分も悪いんだけど・・・




続きを読む

↑このページのトップヘ