国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:サイドボックス

サイドボックスの蓋が飛んだのが、去年の7月の終わり。丸々7ヶ月は、右側のサイドボックスが無い状態でした。サイドボックス案1サイドボックス案2でサイドボックスをどうしようか悩んでたけど、サイドボックスを某オークションで購入。




続きを読む

サイドボックスレスなスティード。

スティード




リアボックス(トップケース)も新しくしたし、そろそろサイドボックスも新調したいなーとどのボックスを購入しようか悩んでます。








続きを読む

片側のサイドボックスが使えなくなったので、新たなサイドボックスを探してたけど幾つか候補が出てきた(*・∀・*)



まずは、STEEDには珍しい専用の旭風防の品。

スティドVLS/VSE専用

【027】旭風防 サイドバッグ/AC-12





他の車種用



楽天 旭風防のサイドバック



旭風防のHP



キャリア付きの値段だしまぁまぁ。








続きを読む

リアボックスやサイドボックスの問い合わせが多かったので、気軽にネットで購入出来る安価で容量の大きなリアボックスとサイドボックスを紹介(*´Д`)ノ



ワイズギア

サイドボックスE21(左右セット)












続きを読む

サイドボックスと樹脂光沢復活剤で、樹脂光沢復活剤を塗ったサイドボックスの24時間後の姿(*・∀・*)

サイドボックス1


黒々(・ε・)

サイドボックス2


艶々




続きを読む

スティード600に乗り換えたら、フレームにバックレストステーを取り付ける穴が無く、自ら電動ドリルで穴開けを致しました。



フェンダーを取り付けてから、内側からボルトを通して外側をナットで留めて何とかリアボックスステーは取り付けて、リアボックスは取り付けられました。



サドルバックステー




サドルバックステー2




このサドルバックステーを取り付けるには、長いボルトを内側から通さなきゃいけないんだけど、長いボルトを通そうとするとタイヤに干渉して、電動ドリルで開けた穴にボルトが通らない・・・しかも、何とか通しても穴が若干斜めに空いてしまってたみたいで、ボルトが斜めに飛び出してくる(-_-;) 若干斜めに飛び出したボルトには、サドルバックステーが合わなくて取り付けられない悪循環(-_-;)






続きを読む

↑このページのトップヘ