国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:グリップ交換

フュージョンを購入してた時に着いてた、スポンジグリップ。

雨水を吸うのであんまり好きじゃないし、嫁が乗るには太すぎるグリップなので細めのグリップへ交換しようと作業開始。

フュージョングリップ交換 (2)フュージョングリップ交換 (3)


接着材で取り付けるタイプのグリップは、マイナスドライバーをグリグリとグピップとハンドルの間に押し込んでニッパーで切ってしまうのが楽。



『グリップがもったいないなー(*´Д`)』



と思って巧く外そうとすると、やたらと時間がかかるので切ってしまうのがお薦め。




続きを読む

先日購入した、メタルフレークグリップ



TRIJYAの刻美シリーズの真鍮グリップを着けたかったけど、高いので断念( ・ω・)





ハーレー用のスロットルハウジング。

スロットルハウジング


『スロットルワイヤーの口径が違うから使えないなー』



とストックしてたけど、電動ドリルでグリグリ削れば何とかなると黒テープ(仮名)に聞いたので早速加工&取り付け。

電動ドリルで穴を大きくして、無理矢理取り付けたけど何とかなるね。



タップを持ってる人なら、タップを切った方がいいかも。



グリップ交換前。

グリップ交換前







続きを読む

↑このページのトップヘ