国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:オーバーホール

スティードの話を全然書いてないので、たまには。



サンタツーリング2010の後、まともに動かしてなく、車検も切れ、エンジンもまともにかからない始末(´д`)アァ

STEEDとパワフィルター (2)


そんな訳で、今回はキャブをオーバーホールでもしてみようかと。



SUキャブオーバーホール

STEEDキャブのオーバーホール

ジャイロXのキャブ





キャブの詳しい説明等は過去の記事でも参考にしてください。




続きを読む

『最近、ツーリングばっかりでバイクをイジれてないな~(;-o-)』

と、フラストレーションが溜まってたのでSUキャブをイジって遊んでみました(*^o^*)

まずはフロート室。

SUフロート室


マイナスドライバーでボルトを四本外すと簡単に開きます。

今回はガソリンが入ってないから部屋で開けたけど、車体に付けて使ってるならガソリンがフロート室にガソリンが溜まってたりするので注意して下さい。

SUフロート室内部


SUキャブのフロート室内部はこんな感じです。




続きを読む

何度か書いてるSTEED400の話(・∀・)



STEED600のノーマルキャブでエンジンがかかり、SUキャブでエンジンがかかり、STEED400のキャブを着けてみたらエンジンがかからない・・・(-Д-)グホッ



そんな訳でSTEED600STEED400のキャブを同時に開いて観察して見る事に(゜∀゜)

スティードノーマルキャブレター


世の中に色々なHPやブログがあっても、スティード600とスティード400のキャブを同時に開いてる写真を載せるなんてなかなかないでしょ( ・ω・)♪



こっちは600用。

STEED600キャブ







続きを読む

メインで乗ってるスティード600が問題無く動いて、ストレスの無いうちにスティード400を売れる状態にしようとキャブをOH。



『あれ?前にOHしてなかった(-Д-)?』



と思う方も居るだろうけど、前のOHが不完全だったようでアイドリングを高めにするとエアベンドチューブからガソリンが噴出してくる訳なんですよ(;´Д`)

SUキャブが付いた状態なら問題なく走れたので、この不具合は間違いなく安く購入したノーマルキャブ。



東京パーツ城西の世田谷店にて、キャブクリーナー&パーツクリーナーを購入。霧状のキャブクリーナーでも良かったけど、頑固な汚れを落とすには泡状のキャブクリーナーに浸すようにするのが良いみたいなので、泡状をチョイス。←店員の受け売り(-Д-)

キャブクリーナー





続きを読む

何気に誰も詳しく書かない、スティードのキャブレターのOH(オーバーホール)にチャレンジ(・з・)フム

まずは、ノーマルのキャブを車体から外す。(今回はオークションで2000円で落札したストック品をOH。)



外したモノがこれ↓

スティードノーマルキャブ




こっち側の丸い蓋が【バキュームチャンバーカバー】。

スティードノーマルキャブ蓋


こいつは+ドライバーで螺旋を4本外せば取り外せます。






続きを読む

暇だったので、スティードのキャブのオーバーホールにチャレンジ(・へ・)ウム



まずはスティード本体から、キャブを外す。

外したの図。

スティードからキャブを外す


シート・タンク・エアクリを外してから、エンジンとキャブを繋いでるゴム製のジョイント(マニホールド?)のネジを緩めてドンドン外していきます。



外したキャブ

外したキャブ





続きを読む

↑このページのトップヘ