国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

タグ:エンジン

前にエンジン降ろしなんて事を行いました。



この記事を見てたSTEED乗りのくろすけ(仮名)が、カムチェーンが外れた臭いエンジンを降ろして新しく購入した中古エンジンを載せるらしく、冷やかしに行ってきましたよ。



免許更新→都庁でラーメン→冷やかし



そんな完璧なプランな一日の予定。



意外と暖かな日差しの中ブロローンと走って、迷いつつもくろすけ宅へ。

到着したら、ViragoとハーレーFXDB 07sに乗ってるうまい棒嬢(仮名)も冷やかしに来てた。



そんな、積み替え前のスティード。

STEEDエンジン積み替え前


エアクリやらキャブを外すとメチャクチャカッコイイ。

エンジンアップ


この間も、うまい棒嬢はうまい棒を食べながら冷やかし。



さんざん冷やかした後は、ハーレーに跨って仕事へ行っちゃいました・・・










続きを読む

エンジン修復完了した、STEEDのエンジン。

このエンジンがなかなか重くて、部屋から階下、更に駐輪場まで運ぶだけでシンドイ(;´Д`)



エンジンレスなフレームだけなスティード(・∀・)

フレーム


これから載せるエンジンとフレーム。

フレームとエンジン





続きを読む

前回エンジンヘッド内部を書いて見たけど、STEED(スティード)のエンジン降ろしを行ってから、約1ヶ月も経過してたんだなー( ゚ρ゚ )



そんな訳で、1ヶ月もあればエンジンについて色々調べたりして詳しくなる訳ですよ。



タイミングマークやらカムシャフトの合わせマークやらRTマークやらFTマークやら、良く解らないので取り合えず組んでおいたエンジン。



一旦バラす為にヘッドカバーを外します。

ヘッドカバー


ヘッドカバーを外すとこんな状態。

ヘッドカバーを外した状態









続きを読む

前回、ボルトが舐めてしまい作業がストップしたままのエンジン。



ターボソケットなるものを探しておりましたが、値段との折り合いが合わずにディスクグラインダーでボルトを削ってしまう事に致しました(*´Д`)



軽く削ってみたボルト

削ったボルト1


元々10mmだったボルトを、削って巧く9mmで回せないか試してみたけど、そんなに簡単に上手くはいかないね(・ε・)ブヒー



今回利用した、ディスクグラインダー(・∀・)

ディスクグラインダー


『何かあったら使えるかも( ゚ρ゚ )』

と、某○ンキホー○で3千円程度で購入して、ストックしてあったシロモノ。








続きを読む

フレームから外して、部屋に持ち込んだSTEEDのエンジン。

スティードエンジン


STEED好きなら、これを眺めながらお酒を飲んだりできます(・∀・)



シリンダーヘッド

シリンダヘッド


なんでエンジンを下ろしたのかと言うと、リア左側のプラグを挿すネジ山が潰れちゃってるから・・・(;-o-)

スプリンガーフォークを部品取りにする為に、車体ごと某オークションにて落札したんだけど、出品者はネジ山がイカれてるのを知ってたんだろーなー(;-o-)

引き取ってから、きちんと確認しなかった自分も悪いんだけど・・・




続きを読む

其の壱の続き( ・ω・)



リヤアッパエンジンブランケットボルト

リヤアッパエンジンブラケットボルト


これもホホーイと外します(・о・)

リヤアッパエンジンブラケットとボルト









続きを読む

冷却液抜きが済んだ、タンクを外したSTEED。

タンクを外す


フレームにジャッキをかけて置くと、妙なボルトを抜いてしまっても陥落を防げるので、ジャッキをかけておこう。



セイは、ジャッキで一度持ち上げてからエンジン下部に雑誌を数冊挟んでおきました。



エンジンをフレームに留めているボルトを全部外しても、エンジンが落ちたりしない様に・・・



ちなみに、すでにエアクリ・キャブは外してあります。





リア側のウォータホース&クランクケースブリーザチューブ。

ウォータホース&クランクケースブリーザチューブ









続きを読む

↑このページのトップヘ