国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

カテゴリ: サイド&リアボックス

サイドボックスの蓋が飛んだのが、去年の7月の終わり。丸々7ヶ月は、右側のサイドボックスが無い状態でした。サイドボックス案1サイドボックス案2でサイドボックスをどうしようか悩んでたけど、サイドボックスを某オークションで購入。




続きを読む

リアボックスを新しく購入致したので、古いボックスと取り替える事に・・・



何年も、色々な荷物を積んでくれて活躍してくれたリアボックス君(*´Д`)

古いリアボックス


古いリアボックス2


補修を重ねて使ってきたけど、本日を持ちまして引退です。






続きを読む

以前にパテで補修したリアボックス(*´Д`)

問題なく使えてましたが、やっぱり開閉時に力がかかる為長く持たなくてパテが外れてしまいましたよ(;´Д`)



同じタイプのリアボックスで、デザインが2色で微妙な感じなヤツがヤフオクで2千円で落ちてたりと、



『直すより買った方が安くないか?』



って事に。



ちなみに、2千円はヤ○オクで投売りなセールだった為な値段。



楽天辺りで2色な微妙なヤツを調べてみたら、6千円チョイ。





安いなー(*´Д`)



『黒と赤の2色なら買うのになー』



と、購入を踏みとどまってましたが、このリアボックスをSTEEDに着けたのが3年以上前。購入金額9千円程度。



『一年3千円なら、正規の値段で買っても損じゃないなー』

と、雨水が浸入しだしたので正規の値段で黒1色な同じタイプのボックスを購入してしまいましたよ(・∀・)オナジデツマンネー

リアボックス


リアボックス2


同じタイプでつまんないけど、ピカピカになったので自分的には満足。



『リアボックスをつけてみようかなー(*´Д`)』

なんて方は楽天辺りを覗いてみて下さい。



楽天でリアボックス



GIVIの真っ赤なリアボックス(3万円)を購入しようか悩んでたけど、プリズミックタンクが角々してるから、GIVIの流線型なボックスはイマイチかと・・・

浮いたお金はサイドボックスにまわします( ・ω・)フム

片側のサイドボックスが使えなくなったので、新たなサイドボックスを探してたけど幾つか候補が出てきた(*・∀・*)



まずは、STEEDには珍しい専用の旭風防の品。

スティドVLS/VSE専用

【027】旭風防 サイドバッグ/AC-12





他の車種用



楽天 旭風防のサイドバック



旭風防のHP



キャリア付きの値段だしまぁまぁ。








続きを読む

リアボックスやサイドボックスの問い合わせが多かったので、気軽にネットで購入出来る安価で容量の大きなリアボックスとサイドボックスを紹介(*´Д`)ノ



ワイズギア

サイドボックスE21(左右セット)












続きを読む

以前にXL250Sが倒れてきて、ハンドルがリアボックスに当たってリアボックスがひび割れてしまったんですが、そのヒビがリアボックスの蓋の開閉の所為で割れにまで発展(-Д-) 取り敢えずは、ビニールテープで凌いでたんですが、雨水が浸水してきたので、今回補修作業をする事に(・∀・)ウホホーイ



これが割れてしまったリアボックスの角。

リアボックス欠け


穴が開いてる状態なので、そのままパテで埋めれないので、裏側にアルミ板をあてがって、更にアルミ板をアルミテープで留めます。

アルミ板







続きを読む

スティード600に乗り換えたら、フレームにバックレストステーを取り付ける穴が無く、自ら電動ドリルで穴開けを致しました。



フェンダーを取り付けてから、内側からボルトを通して外側をナットで留めて何とかリアボックスステーは取り付けて、リアボックスは取り付けられました。



サドルバックステー




サドルバックステー2




このサドルバックステーを取り付けるには、長いボルトを内側から通さなきゃいけないんだけど、長いボルトを通そうとするとタイヤに干渉して、電動ドリルで開けた穴にボルトが通らない・・・しかも、何とか通しても穴が若干斜めに空いてしまってたみたいで、ボルトが斜めに飛び出してくる(-_-;) 若干斜めに飛び出したボルトには、サドルバックステーが合わなくて取り付けられない悪循環(-_-;)






続きを読む

スティードサイドボックス付き




サイドボックスをガッチリ固定(^・^) サイドカバーの辺りがなんか寂しいな~。・・・そーいえば、シャッターまで閉めて寝てたから気にならなかったけどSTEEDは冠水してないだろーな(゜o゜)!! ニュースでは東京都杉並区が凄いことになってたけど・・・(-_-;) 

1ce2b7bb.jpgサイドボックスがいまいちガッチリと取り付けられていなかったので、サドルバックサポートを購入し、これを利用してガッチリ取り付けてやろうと画策。・・・しかし、先日サドルバックサポートを取り付けようとした際に、トルクのかけ過ぎか何かでボルトが折れてしまいました(;-o-) 運が悪いのか、フレームのネジ穴にボルトが詰まったまま折れてしまいお手上げ(;¬_¬)

電動ドリルで軽く削ってみたけど、ネジ穴がやられてしまいそうなので、適度に削った所で終了(;-o-)

次の日に東急ハンズに行ったら、『折れ込みボルト抜き』なる道具を発見。折れたボルトの中心にドリルで穴をあけ、そこに逆刃のドリルの様なモノを打ち込みそれを回しながら、折れたボルトを抜くという優れモノ(・д・)

この道具を初めから知ってたら、折れたボルトをドリルで適当に削るなんて馬鹿な真似はしなかったのにな~と思いつつも購入。帰宅してから、削ったボルトに合わせてみたら、削りすぎで折れ込みボルト抜きの太さより穴が広がっててスカスカ(;-o-)

愕然とし、その日は作業をせずに本日再度ドリルで穴を広げてやろうと作業再開。リアボックスも外して、リアフェンダーも外し、フル充電したドリルを太い刃をはめてガリガリと折れたボルトを削る。削る削る。

ネジ山が削れるのは覚悟してたのにミラクルな事に、ドリルが貫通した後にネジ山をみたら、ネジ山が普通に残ってる(・。・) 運良く、ボルトと同じサイズのドリル刃で削ってたみたいで、しかも折れたボルトの中心をドリルでブレずに貫通させたみたいで、ネジ山が綺麗に残っちゃいました(-з-)ノ

『天才だ!!』と自画自賛し、リアボックスを支えるステーとサドルバックサポートを装着♪

サイドボックスもステーをドリルを使って加工したら、前と見違える位しっかりと装着されちゃいました♪ もうチョイ、ステーを加工したかったけどドリルの充電切れで作業は終了。また後日、ステーは加工します。

サイドボックスがぷるぷるぷるぷる揺れてたので、サドルバックサポートを利用して固定しようかと思いNAP’Sへ♪ キジマ製のサドルバックサポートを購入してきました(^・^) これでがっちり固定してやるぜぃ♪

サドルバックサポート




リアのウインカーにギボシ端子を付けて取り外しを楽にしようかと、端子を購入♪

ギボシ




サドルバックサポートをつける前に、なめてしまった感のあるネジ穴を見てみる為に、サイドボックス・リアボックス・リアフェンダーを総外し(^v^)



うーむ、フラットフェンダーにしたらかっこいいな、きっと・・・。

リアフェンダー外し

image.jpgリアボックスのステーが悪戯の為、ポッキリと折れてしまったのは前に書いたけど、そのステーをどうしようか悩んでました。
STEEDのノーマルのバックレストをL字形に溶接しなおしたモノをたまたまヤフオクで見つけて購入したので、溶接が出来ないと直せない(;-o-) 都内じゃ、なかなか溶接を出来る機械をもってるプライベートビルダーなんていないから、ショップに頼もうかと検討してたけど、もともとが溶接の出来があまり良くない素人のワンオフパーツ。ショップだと、明らかに目に見えてめんどくさがられるな~と尻込みをして、修理依頼に行けず、前出のG氏が溶接も出来るらしく、G氏の元へ向かおうとも思ってました。←G氏の家は茨城。
ただ、先日のアメリカン集団に触発されてしまい、中途半端が嫌になり、『リアボックスを直そう』と思い立ち、安くなおしてくれさうな板金塗装屋を探す事に・・・ 特にアテもなくSTEEDを走らせてたら、環八と甲州街道の交差点(ファミレスのフォルクス)がある辺りに、『高井戸興業』なる板金塗装屋さんを発見。世田谷通りまでいきUターンして、『高井戸興業』へ・・・。

・・・・・・・・誰もいない(;-o-)コリャダメダナ・・と思いましたが、奥の事務所まで行ってみたら事務員さんがいたので声をかけたら、影のソファーからおじいさん?が登場。折れたステーを見てもらったら、『あぁ~これなら手間賃2000円位でいいよ~』と快諾。して貰い、溶接担当のオジサンを新たに呼んできて、糸も簡単に溶接をしだしました(;´Д`)プ、プロノシゴトダァー と激しく感動。きっちり溶接をしてくれて、サンダーで見た目も綺麗に仕上げてくれて錆止め処理までしてくれ、税込2100円(・д・)ヤスイ
『オジサンも小さいけどバイクにのってるんだよ~』とか『アルミも溶接できるから~』などと話をしつつ、感謝して帰宅。
プロの業に感動した一日でした。

image.jpg前回、STEEDを悪戯された際に、リアボックスも無理矢理に下から力を加えられたようで、ステーが曲がったりしてました。『もしかしたら、ステーが折れちゃうかもな~』なんて危惧していたら、本日朝にSTEEDを走らせた瞬間に物凄い異音とともに、リアボックスがSTEEDから転がり落ちました(;´Д`)アゥゥ 純正のバックレストを利用してL字型に溶接されてたステーが、ポッキリ折れちゃってました・・・(;-o-) 溶接機なんて持ってないし、どうやって直そうかなぁ~(・з・)ブヒー

↑このページのトップヘ