何気に誰も詳しく書かない、スティードのキャブレターのOH(オーバーホール)にチャレンジ(・з・)フム

まずは、ノーマルのキャブを車体から外す。(今回はオークションで2000円で落札したストック品をOH。)



外したモノがこれ↓

スティードノーマルキャブ




こっち側の丸い蓋が【バキュームチャンバーカバー】。

スティードノーマルキャブ蓋


こいつは+ドライバーで螺旋を4本外せば取り外せます。






バキュームチャンバーカバーを外すとスプリングがビヨーンと飛び出してきます。

スティードノーマルキャブスプリング
黒いゴムの物体がバキュームピストンAssy。

そいつにジェットニードル(棒みたいな物体)がささってます。

バキュームピストンAssyはゴムで出来てるので、キャブクリーナーを吹き掛けると破れたりするので、これにはキャブクリーナーを吹き掛けないように注意。

バキュームピストンAssyとジェットニードルのセットは汚れがひどくなければ、ウェスで拭く程度でOK。

後はキャブ内部の汚れをキャブクリーナーで噴いて拭くだけ。



そしたら、今度はこっち側。四角っぽい方の【フロートチャンバ】。

フロートチャンバには黒いゴムのOリングがついてるので、これだけは新品に換えて下さい。

スティードノーマルキャブフタ


フロートチャンバを開けると、もの凄い汚れ(;・・)

さすが2000円で落札した品(・з・)

スティードノーマル開蓋


メインジェットとニードルジェットホルダ。

ニードルジェット


メインジェットはマイナスドライバーで外せる小さな方で写真の左の方で指に埋もれてるヤツ。長い方がニードルジェットホルダ。キャブクリーナーや歯ブラシなんかを使い、汚れを落とします。

このオカリナみたいに空いてる穴が重要。詰まってたら、虫ピンなんかで詰まりを取りのぞくべし。



ニードルジェットホルダはここ↓

ニードルジェット+メインジェット


続いてスロージェット。

スロージェット


こいつもオカリナみたいな穴が開いてます。ニードルジェットホルダと同様汚れを落とすべし。



スロージェット2


写真中央にピンが3つ写ってますが、さっき説明したメインジェット+ニードルジェットホルダが上側。締め付けてなく飛び出してる右側のヤツがスロージェット。もう一つは外れないただのピン。

写真の上部でチョット切れて写ってるのがフーロトバルブAssy。こいつはバラすと面倒臭そうなので、今回は外側の汚れを落としただけ(・з・)



ジェット類を外したら穴という穴をキャブクリーナーで噴きまくるべし。汚れや詰まりを無くせば、バイクも快調になるので( ̄w ̄)



後は外したモノを戻していくだけ。

この白いヤツはフロート。根元のフロートピンを外すだけで簡単に外れます。こいつもキャブクリーナーをかけちゃダメ(-з-)

OH後




STEEDはフロント側とリア側の二つのキャブがあるので、もう一つも同じ様にOHして下さい。



反対側も激しく汚い(;・・)



もう一つ




キャブが二つあるので同調を取らなきゃいけないんだろうけど、そこまで詳しい知識が追い付いてないので、同調がOH前に狂ってなければ、今回説明した以外のネジ類はイジらないで下さいね。

そのウチ、同調の取り方も詳しく書いたりしたいと思います(-з-)