圧縮上死点を密かに調べつつ、プラグのネジ山修復が終わったヘッドを組み込んでみた。

ヘッド内部


ディスクグラインダーで削ったボルトがカムシャフト側にまだ残ってるので、これの処置。

カムシャフトと折れたボルト


カムシャフトとカムスプロケを組み込むにはボルトが2つ必要なんだけど、1つボルトがささって穴が塞がってます。








こんな感じで塞がってます。

カムシャフトと折れたボルト裏側


さぁ、どうしようかと悩んでるとスロライ君が邪魔しに(・∀・)

スロライ君


スロタイ君は放っておいて、今回はロッキングプライヤー。

ロッキングプライヤー


スプロケの厚さ分のボルトがカムシャフトのボルトの穴から出てたので、ロッキングプライヤでガッチリ挟み込んでゴムハンマーでロッキングプライヤーを叩いてみる。

ゴムハンマー


カムチェーンから無駄に張力か何かがかかってないので、ハンマーを叩く力で簡単にボルトが回っては外れました(・∀・)ウホーイ



試しにカムシャフトとカムスプロケとカムチェーンを組み込んでみた。

嵌め込み


後は、圧縮上死点やらタイミングホールやら、FTやらRTやら、良く解らない用語を理解して調整して組み込まねば・・・