国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

2008年12月

昨夜、仕込んでおいたバッテリーをSTEEDに積んでみた。

バッテリー


【-】側の配線を外さないで【+】側にバッテリーを引っこ抜ける仕様にしてあるので、バッテリー交換が楽々。

STEED復活


キャンプに行く時に荷物を積むよりも遥かに楽にバッテリーが積める。

配線をサイドボックスまで引き込んで、車のバッテリーでも積んじゃおうかな( ・∀・)フム



・・・で、積んでセルをまわしたらエンジン始動♪



これで忘年会の会場までは辿りつけそうだな。

途中で停まったら怖いから、下道だけど。

ここで、かの変態王子(仮名)にバッテリーを貸した事をすっかり忘れて、



『忘年会で何を忘れようかな~(・∀・)』



と呑気な事を言ってしまっておりました。





そう。会場まではバイクで行って泊まりなのに、肝心なスティードがバッテリーレスでは動かないではないか。

はてさて、如何致そうかと思案してると変態コール。

ディーロバッテリー




変態王子:『あたしが置いていったバッテリーがあるじゃない』

     『新しく買ったバッテリーなんて、納豆バッテリーなんだから。』

 

・・・と、オスギばりの会話を繰り広げてくれた変態コールが終わった後は、変態王子が置いていったバッテリーをカスタム♪






続きを読む

↑このページのトップヘ