国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

2008年08月

ステアリングステム ベアリング交換を行った後に、某ガレージでバイクイジりをして判明したステアリングベアリングのタマ抜け。



新品に換えたのにベアリングのタマを交換時に落としたのか、タマが2つ足りない。

スティード600


そんな訳でストックしてあったベアリングからタマタマを抜き出して、スティードのステアリングステムのベアリングにタマタマを補完完了。

スティード


それでも、ブレーキをした際のガタつきは多少残ってるから、やっぱりブレーキパッドの相性なのかな~と諦めてます。

『今日、ガレりませんか?』



と、天文学の父、ガレリオ・ガレリイ氏(仮名)よりメールを頂いたので遊びに行ってきましたよ。



何度か行った事があるのに、多少道に迷いながら到着。





『オンロードからオフロードタイヤに換えようと・・・』



と言いながら、セローのタイヤ交換をタバコでも吸うかの様になんて事なくこなしてる。



タイヤ交換を、こんなに気軽に行うなんてこの人もバイクの整備馬鹿だな~と思いつつ、セローを支えるのを手伝ってみたり。





ガレに在った便利な工具。

工具


何て名前なんだろ?

これ欲しいな。




続きを読む

ステアリングステム ベアリング交換でも、ガタつきが解消されなかったSTEED。



初心に帰ろうと、調子が良かった頃のバイクの画像を眺めてみたら・・・



調子が良かった頃

昔の画像




今の画像




そう、カラーの位置が若干違う。

このカラーの位置を変えたからといって、何かが急激に変わるとは思えなかったけど変えてみる事に。








続きを読む

先日入手したパーツを、古いパーツと交換すべく作業。



本来なら、



●ベアリングレースリムーバ

●ステアリングステムソケット



こんな専用工具が必要なんだけど、バイク屋さんではないのでそんな工具は持ち合わせてないので他のもので代用して作業を進めました。





まずは、車体をジャッキアップ出来る様にジャッキをフレーム下へ入れておきます。

※フロントホイールやフォーク一式を外す為。





まずは、ニョキーンと天を貫いてるハンドルが作業の邪魔なので外します。

スティード600


ハンドルポストの上側をサクサクっと外して、配線を適度に外せばハンドルは邪魔にならない位置へ移動出来ます。

ハンドルポスト







続きを読む

ステアリングのベアリング周りのパーツ【トップスレッド・ダストシール・アッパーインナーレース・アッパベアリング・アッパアウタレース・ロアアウタレース・ロアベアリング・ロアインナレース・ダストシール】を入手致しました。

ロアベアリングアッパベアリング


先日スティードのステアリングでも書いた通り、ステアリングのベアリング周りを新しいものへ交換してみようかと。



ベアリングはこんな球のようなものが連なってるパーツです。

ベアリング


パーツ購入の際に、店員さんから『圧入がなんちゃら』なんて言葉が出てたのに軽くスルーしてしまい、今度は某C氏からも『圧入してあって取るのがほにゃらら』とメールがきました。

以前にフロントフォークをスプリンガーに変えた際に、圧入なんてものを気にしないで作業(ロアアウターレースやアッパアウタレースを交換しなかった)したので、STEEDには圧入なんて関係ないものと勝手に思い込んでたので、サービスマニュアルを読み解いてみました。



どうやら、ロアアウターレースやアッパアウタレースを外すには専用工具が必要みたいなんだけど、工夫すれば専用工具じゃなくとも外せそうなので問題はなさそう。



問題あるのかな(;´Д`)



サービスマニュアルを見る限りは問題がないので、スプリンガーフォーク一式を外してみて現物を見てみる事に致します。



さぁ、どうなるんだろ。





続きはまた後日。

タイヤ交換は済んでたので、メーターギヤボックスの入荷待ち状態。



そして、メーターギヤボックスがやってきたので取り付け致しましたよ。



ブレーキキャリパーを着けたり外したりする際に必要な工具。

F型クランプ


F型クランプ(100円)。

専用工具も売ってるけど、うん千円するのでF型クランプで代用代用。



シリンダーに傷をつけない様に、押し戻します。

ブレーキキャリパー001


押し戻さないと、プレーキパッドが巧くはまらなかったりするので気をつけて下さい。








続きを読む

メーターギヤボックスとハブベアリングで書いた通り、粉砕されていたパーツ。そんな粉砕されていた辺りを注文しにナップス

steedフロントホイールとジャイロ


言葉で説明するのが面倒臭かったので、NEWなフロントホイールを持参。

取り付けするのに足りないパーツを頼むことに。



粉砕されて出てきたパーツもジップロックして持参。



新しく入っただろう店員さんと、そんな粉砕されたパーツについて色々話してメータギヤボックスを注文。



・・・で、せっかくフロントホイールごと持ってきたのでタイヤ交換も頼んでみた。

ホイール持込だと、工賃が500円安くなるんだね( ・∀・)



何気に忙しかったので、翌日にホイールを引き取りに来る事を伝えて帰宅。






続きを読む

↑このページのトップヘ