国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

2007年02月

冷却液抜きが済んだ、タンクを外したSTEED。

タンクを外す


フレームにジャッキをかけて置くと、妙なボルトを抜いてしまっても陥落を防げるので、ジャッキをかけておこう。



セイは、ジャッキで一度持ち上げてからエンジン下部に雑誌を数冊挟んでおきました。



エンジンをフレームに留めているボルトを全部外しても、エンジンが落ちたりしない様に・・・



ちなみに、すでにエアクリ・キャブは外してあります。





リア側のウォータホース&クランクケースブリーザチューブ。

ウォータホース&クランクケースブリーザチューブ









続きを読む

ネック下にカバーをしているスティードなら、まずはそのカバーを外して下さい。



セイはカバーレス。



ラジエータキャップが見えてくると思うので、ラジエータキャップを外します。

ラジエータキャップ


注意点としては、走り終わった後なんかにあけちゃうととても危険なのでエンジンが冷えてる時に作業するべし(・∀・)



エンジン下部に、ラージエータ液を受ける受け皿を設置。

受け皿は、底が浅い小さめなダンボール箱にビニール袋を2枚程度かさねて、排出した液がビニールから漏れないようにすれば大丈夫(・ε・)



受け皿を設置したら、エンジン左側の下方にあるウォータードレンボルトを緩めて外す。

ウォーターポンプドレンボルト


妖怪人間に流れてそうな、緑色の液体がサラサラと流れでてきます。

全部出てくるまで、缶コーヒーでも飲みながらゆっくり待とう。








続きを読む

何時の間にやら、キジマからSTEED用のリアキャリアが出てたんだね(*´Д`)♪

キジマ:KIJIMA/リアキャリア


キジマ:KIJIMA/リアキャリア STEED400




セイがリアボックスと取り付けた頃はSTEED用のキャリアって、どこのメーカーにも無かったのになー(;´Д`) ノーマルのバックレストを切断&溶接で無理矢理キャリアにしてるってのに・・・



若干高いかもしれないけど、キジマが作ってるなら強度も問題無さそうだしかなり良さそうだな。ノーマルのバックレストを短く切っちゃえば、リアボックスもしっかりと取り付けられそうだし(*・∀・*)




イージーライダース製のイージーライダース/ショットガンエアクリーナーキット STEED400を安価にて購入(゚∀゚)

ショットガンエアクリ




SUキャブ装着時は吸気音も排気音も見た目も物凄い満足がいったんだけど、どうにもこうにも不調が多い(*´Д`)



街乗り仕様のローライダー系カスタムならいいけど、ツーリング仕様のツアラーカスタムのSTEEDにはSUキャブは向いてないなーと諦めました。



ノーマルエアクリ&ノーマルキャブ&ノーマルマフラーは性能的には非常に高いけど、見た目の良さに欠ける・・・



先日ノーマルに戻したマフラーをそのうちこいつに戻します(*´Д`)

イージーライダース/FLHスタイル2in1マシンガンマフラー
イージーライダース/FLHスタイル2in1マシンガンマフラー STEED400




このマシンガンマフラーに合うエアクリなら、ショットガンもいいけどマシンガンのエアクリの方がいいに決まってる♪

ガトリングカバー



続きを読む

最近、チョットした段差でもガツンガツンとお尻が痛かったので、

『サスがヘタってるのかな?』

なんて思っておりました。

でも、



『サスなんてそう易々と壊れたりしないだろー』

と甘く見てましたが、某M氏のブログにてサスのオイル漏れ&サスの交換の記事をみてしまったので、こんな事もあるんだなーと思っておりました。



STEEDが不調で暫らく乗ってなかったからなのか、以前からそうだったのかは判らないけど、段差での振動がリジットサス並になってきたし、走行中にカシャーンカシャーンと異音がするので、ほったらかし温泉ツーに備えてサスを交換する事に・・・



初代STEEDのノーマルサス。

ノーマルサス


初代STEEDはリジットサスにしてた状態で盗まれちゃったので、ある意味遺品。



まずは、サスを外しても問題無いようにフレームにジャッキをかける。

ジャッキアップ


ジャッキは車用で充分です。




続きを読む

1月8日にスティード キャブレターの不調・・・とブログに書いてから、ずっと調子の悪かったスティード(-Д-)



セルを回しまくってもエンジンがかからずに、バッテリー充電器 BC08Nを購入してきて、バッテリーを充電してみたり(今考えると、これは買ってよかった(*・∀・*) すでに5~6回は充電に使ってるからねー・・・)、不調続きは変わらず。



SUキャブのセッティングとプラグのくすぶりが原因かと、SUキャブのセッティングに取り掛かってみるも、やはり調子が悪い(*´Д`)



SUキャブに関する情報を集めてみて、今度はSUキャブ エアスクリューでセッティングをキッチリと試みてみました。これで、症状は改善されて暫くは普通に走れるようになって一安心(*´Д`)



『SUキャブのセッティングも大した事ないな(・ε・)』



なんて思ってたら、今度はリアタイヤがパンク・・・(-Д-)



本当に、トラブル続き・・・




続きを読む

STEED600が不調になって1ヶ月位経ったかな?(;´Д`)?



SUキャブに換えてから不調続き(誤解を招くと困るけど、SUキャブが悪いんじゃなくセイの知識不足・・)だったので、問題なく走ってたノーマルキャブに戻して見ました(・ε・)

その時はハイパーチャージャーをつけてましたが、ハイパーチャジャーが人手に渡ってしまったのでSTEED400に着いてたノーマルエアクリをつけてみた(・∀・)♪

ノーマルキャブ


ノーマルエアクリ


キャブを換えた後は、キャブまでガソリンが回るのに時間がかかるので、



『あれ? セルを回してもエンジンかかんないなー?』



と焦って、セルを回しすぎてバッテリーをあげちゃわない様に注意して下さい。



経験談



そんな訳で、ノーマルに換えてセルを回してなかなか快適に走り出したと思ったら、即アフターファイヤー(;´Д`)

マフラーがバリバリッと恐ろしい音を立て、パンパンッと炸裂音(;´Д`)



ガトリングマフラーから、本当に弾でも出てるんじゃないか?

そんな気がする、危ない音・・・



STEED400も同時に作業を進めてたので、チョット疲れて作業終了。



相変わらず、スティード君は動かないのでした。。。

パワーフィルター化したスティード。

パワーフィルター化STEED


ネック下のエアチャンバーが取れてスカスカでなかなかカッコイイ(・∀・)♪



ノーマルのエアクリに比べて吸気が大きすぎるので、パワーフィルターの半分程を赤いビニールテープで塞いでみた図。

パワーフィルタービニールテープカスタム


半分塞いでも、吸気は大きかったみたい(-Д-)






続きを読む

バックファイヤーの様な状態で、マフラーからバスンバスンと妙な音を立ててまともに動かないSTEED(;´Д`)



『イグニッションコイルの故障かな(-Д-)?』



と思い、サイド出しにしてるイグニッションコイル



イグニッションコイル


をストック品に交換したのに不調は変わらず。



『キャブも変えてるので、SUキャブに問題があるのか?』



とSUキャブをノーマルキャブに変えて、ノーマルエアクリーナーの代わり(ノーマルのエアクリがストックされてなかったので・・)にパワーフィルター化

それでも不調は変わらず・・・(;´Д`)



何が不調なのか良く判らなくなってきた所で、



『プラグコードの断線は?』



とアドバイスがあったので、早速プラグコードをノーマルに戻してプラグの火花チェック( ・ω・)。

イグニッションコイル




バチバチッ



バチバチッ



(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(・  )━(∀・ )━(・∀・)

キター





プラグの火花が元気に飛んでる。



プラグを取り付けて、セルを回すとパワーフィルター化でセッティングが狂ってる(吸気が大きい)ものの、チョークを引っ張れば問題なく吹けあがる♪

メインジェットを何番か上げれば、キッチリ動きそう。





・・・でも、これならメインジェットを買ってきてセッティングするよりは、SUキャブに付け替えたら動いちゃうんじゃないのかな??



ノーマルキャブ&パワーフィルターでトラブル知らず

OR

SUキャブで見た目重視(・∀・)



悩むな~(;´Д`)

さぁ、どうしたものか。 



プラグコードがダメになった原因:サイドマウントしてるイグニッションコイルとの接点が、雨ざらしになってる。そこから浸水して(ビニールテープで防水加工は施してましたが・・・)、リーク。

イグニッションコイルからプラグコードを引き抜いて、先端部分を見てみたら白く変色しておりました(;-o-)



変色した部分をニッパーで切り落として繋ぎ直してみたら、火花はきっちり飛んでたので、コードの断線ではなくて、浸水によるリークが原因みたい。



改善点:イグニッションコイルをタンク下やサイドカバー内のノーマルの位置に戻すか、防水処理を完全に施す必要あり。

リアタイヤのパンク修理が終わったってのに、今度はバスンバスンとバックファイヤー(-Д-) 燃調が狂ってるのか??



タイヤパンク前までは、こんなんじゃなかったのに何なんだろ?

プラグが若干黒くなってたので、エアスクリューで調整してみてもイマイチ。

プラグの火花をチェックすると、リア側2本は火花は目視で確認できたけど、フロント側が目視で確認できない(;´Д`) 

なんなんだ?

イグニッションコイル


イグニッションコイルをサイド出しにしてるので、イグニションコイルかなー?と、フロント側のイグニッションコイルをストック品と交換してみたけど変わらず・・・



何が原因なんだろ? 

フロント側も、火花って目視で確認出来るよね??

何が不調なのか判らなくなってきた(・∀・)



不調スパイラル(;´Д`)



取り合えず、キャブを変えてから不調続きなので、キャブをノーマルに戻してみようかとタンクを外す・・・

タンク外し









続きを読む

↑このページのトップヘ