国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

2006年08月

STEED(スティード) キャブレターオーバーホール-其の壱-の続き



『キャブのOHでもしてみよ~かな~』

と思い立ち、何となく始めたオーバーホール。先日、OHを済ませてエンジンをかけてみたらアイドリングが低くエンジンがかからない(-_-;)



何気ない思いつきでとんでもない事になっておりましたw



朝起きたら雨(・へ・) 

『今日は雨でイジれないかなー』

と思いつつも、雨がやんでくれたので早速続き。



取り敢えずシート下。

シート下




タンクから繋がってて、キャブにいくまでに経由するコイツは何者?

ガソリンを吸ってくれるポンプ?




続きを読む

暇だったので、スティードのキャブのオーバーホールにチャレンジ(・へ・)ウム



まずはスティード本体から、キャブを外す。

外したの図。

スティードからキャブを外す


シート・タンク・エアクリを外してから、エンジンとキャブを繋いでるゴム製のジョイント(マニホールド?)のネジを緩めてドンドン外していきます。



外したキャブ

外したキャブ





続きを読む

スティード600を購入してからSTEED600はエンジンオイルを交換してなかったので、オイルフィルターとエンジンオイルを交換してみました(^.^)



400ccはオイルフィルター交換時は2.25リッターだったけど、600ccもそれでいいのかな?(・_・)? 良く判んないけど、それで敢行。



まずはドレンボルトの位置。サイドスタンド側、ラジエーターと繋がってるホースの裏側にドレンボルトは居ます。

ドレンボルト




こやつ。

ホースの所為でラチェットレンチは使えないので、メガネレンチを使うんだけど、ローダウンしてると回せない(-_-;)




続きを読む

↑このページのトップヘ