国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

2006年06月

STEEDのイグニッションコイルは、タンク下と右側のサイドカバー内の2つあります。スティード400のイグニッションコイルをサイドマウントしてたので、600をサイドマウント化して、400はノーマルに戻す作業を行いました(^・^)



まずはタンク下

タンク下




ボルトを外すと、この白い小さなタンクは外せるので外しましょう。

タンク下イグニッションコイル





続きを読む

スティード400には、ロングスロットルケーブルとロングクラッチワイヤー、ロングブレーキホースを付けてたので、これをスティード400へ付け替え(・∀・)



どの位ロングになってるかというと・・・

ワイヤー2本


これだけ(゜o゜)!? 



いやいや、スティード600もロングフォークになってるのでワイヤー類が多少ロングなモノになってるので、ロングになってるワイヤー類よりもロングって事。




続きを読む

取り敢えず付けたSTEEDのノーマルリアフェンダー。

ノーマルリアフェンダー




早速交換。まずはシートを外す。

STEEDのシートは前に乗る人と後ろに乗る人の調度真ん中位、シートのしたにヘキサゴンのボルトがあるのでそれを左右外せばあっと言う間(・∀・)ウホッ




続きを読む

正式名称は【練馬自動車検査登録事務所】かな?



先日来たばかりのSTEED600の名義変更の為に、練馬自動車検査登録事務所に行って来ました(^・^) 最近やっと開通した、環八の井荻トンネルからの新しい道を使ってきました。今までは微妙な環八だったけど、開通したお陰でチョットだけ便利になったね。後はトンネル内の工事が終われば、環八の渋滞も多少は改善されるんじゃないのかなー?



B棟


まずはこの建物。B棟。ここで書類を購入。先にA棟に行っちゃうと、並ばなきゃいけないので時間をロスしてしまいます。




続きを読む

↑このページのトップヘ