国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム~セイ生活~

国産アメリカンと呼ばれるジャンルの名車STEED(スティード)。初心者向けの400ccとマニア向けな600cc。20年乗り続けて、カスタムしたけど400ccなのか600ccなのかは外観からはサッパリわからないな。引っ越しに伴って手放してしまったけど、また手元に置きたいな。

移行ブログ情報

キャブあれこれで解るように、着けては外して外しては着けて楽しんでたキャブ。SlowRider湘南ツーで吹っ飛んだりもしたSUキャブ。

SUキャブ


そんなSUキャブを引き取ってくれる方があらわれたので、さようならですよ。








続きを読む

事故った時にやっておくと良いのが現場の写真や動画をダラダラと撮っておく事。



個人が事故の交渉をプロとしようとしたとしても、知識で適わなかったりする。

事故現場


でも、現場の証拠があれば論より証拠だからね。



今回は事故の当事者じゃなかったので、事故直後の写真はなかったけど翌日に現場に行って写真と動画を適当に撮り撒くってたものが残ってた(・∀・)ウホーイ



さらに、先日も相手を言い包めるために現場に向かってみた。






続きを読む

先日もバッテリーあがりをおこしたから、レギュレーターが怪しいと睨んでました。

オルタネーターな可能性もあるけど、オルタネーターが駄目になってたら、自分で直すには手間取りそうなので無視w



まずは簡単に交換できるレギュレーターから。



何故かストックしてあった中古のレギュレーター。

ストックレギュレーター


レギュレーターなんて10年近く壊れないだろうパーツなので、中古で充分。

たぶん。



STEEDのレギュレーターはこの位置にあります。

スティードのレギュレーター


カプラーを外してボルトを2本緩めれば外れます。








続きを読む

日曜日の朝早く、おじいちゃんなんかより早起きなリョウ氏が近所までやってきた。



・・・電車で。

バッテリーと充電器


バイク乗りなのに、電車で登場ですよ。





・・・バッテリー上がりの為(´Д`)







最近バッテリー上がりが周囲で連発してるな。

近所の駅までジャイロでブイーンと会いに行って、予備なバッテリーと借りてた充電器を返却。



駅前なコンビニで早朝から世間話をして解散。



( ・∀・)ウム これはこれで楽しいな。





皆も、バッテリー上がりには気をつけよう。

土曜も仕事で、金曜も夜遅くに帰宅。



SlowRiderの焼肉王子(仮名)から仕事中にやたらと着信が入ってたから、折り返してみても出ない。



メールもしてたのに返ってきてなかったから、着信があったことを忘れて帰宅。



帰宅し、BEERのプルタブを空けたところで電話。

何となく予感があったのでbeerは飲まずに電話にでてみたらバッテリー上がりなトラブル。



しかも、バイクでなら10分程度でい行ける場所。





・・・で、行ってきましたよ。

バッテリー上がりのビラーゴを救出に。

ビラーゴのバッテリー上がり


何度かバッテリーが上がってるらしく、バッテリーも駄目になってるんだけどレギュレーターが駄目かもよ~なんて話をしながら、ブースト。





バッテリーが完全に逝ってそうだけど、何とか復活。



SlowRiderのビーラーゴマニア(仮名)に連絡してみたりしながら、バッテリー上がりの焼肉君を見送って帰宅。





・・・(;´Д`)アァ



さすがに嫁も寝てて、深夜番組をみながらチョット冷めた御飯w





『この借りはいつか焼肉君に返して貰おう』



と思いつつ、この数日後に起きる悲劇を予想できないまま寝につくのでした。

バッテリー上がりでプラキャンに行けずでも書いたとおりに、バッテリーが上がってしまたので充電してみた。



こんな時に役立つのがバッテリー充電器



ある程度のバッテリーあがりなバッテリーなら、見事に復活してくれます。



まずはサイドカバーをガクガクっと外していきましょう。

STEEDのサイドカバー


STEED600のサイドカバー外し


STEEDのサイドカバーは簡単に外れます。






続きを読む

ジャイロでもイジってのんびりしよ~かな~なんて思ってた昼下がり。



『来ちゃいなよ』



って事で、ノリでキャンプに行ってしまおうかとシャッキっと準備をしていざ出発。





・・・・ん?





キュルル





キュルル・・・

キャンプ


(*´Д`)アァ



バッテリーあがり。

そーいえば、GYPSYの一周年キャンプの辺りからバッテリーの調子が悪かったのを放っておいたな。



ジャイロでブーストするも、ダメ。

バッテリーあがり


突発でキャンプで上がってたのに、バッテリーがあがってテンションは下がる。



そんな感じで、バッテリーを引き上げて充電中なのです。



新しいバッテリーを購入しようかな。

ステアリングステム ベアリング交換を行った後に、某ガレージでバイクイジりをして判明したステアリングベアリングのタマ抜け。



新品に換えたのにベアリングのタマを交換時に落としたのか、タマが2つ足りない。

スティード600


そんな訳でストックしてあったベアリングからタマタマを抜き出して、スティードのステアリングステムのベアリングにタマタマを補完完了。

スティード


それでも、ブレーキをした際のガタつきは多少残ってるから、やっぱりブレーキパッドの相性なのかな~と諦めてます。

『今日、ガレりませんか?』



と、天文学の父、ガレリオ・ガレリイ氏(仮名)よりメールを頂いたので遊びに行ってきましたよ。



何度か行った事があるのに、多少道に迷いながら到着。





『オンロードからオフロードタイヤに換えようと・・・』



と言いながら、セローのタイヤ交換をタバコでも吸うかの様になんて事なくこなしてる。



タイヤ交換を、こんなに気軽に行うなんてこの人もバイクの整備馬鹿だな~と思いつつ、セローを支えるのを手伝ってみたり。





ガレに在った便利な工具。

工具


何て名前なんだろ?

これ欲しいな。




続きを読む

ステアリングステム ベアリング交換でも、ガタつきが解消されなかったSTEED。



初心に帰ろうと、調子が良かった頃のバイクの画像を眺めてみたら・・・



調子が良かった頃

昔の画像




今の画像




そう、カラーの位置が若干違う。

このカラーの位置を変えたからといって、何かが急激に変わるとは思えなかったけど変えてみる事に。








続きを読む

先日入手したパーツを、古いパーツと交換すべく作業。



本来なら、



●ベアリングレースリムーバ

●ステアリングステムソケット



こんな専用工具が必要なんだけど、バイク屋さんではないのでそんな工具は持ち合わせてないので他のもので代用して作業を進めました。





まずは、車体をジャッキアップ出来る様にジャッキをフレーム下へ入れておきます。

※フロントホイールやフォーク一式を外す為。





まずは、ニョキーンと天を貫いてるハンドルが作業の邪魔なので外します。

スティード600


ハンドルポストの上側をサクサクっと外して、配線を適度に外せばハンドルは邪魔にならない位置へ移動出来ます。

ハンドルポスト







続きを読む

ステアリングのベアリング周りのパーツ【トップスレッド・ダストシール・アッパーインナーレース・アッパベアリング・アッパアウタレース・ロアアウタレース・ロアベアリング・ロアインナレース・ダストシール】を入手致しました。

ロアベアリングアッパベアリング


先日スティードのステアリングでも書いた通り、ステアリングのベアリング周りを新しいものへ交換してみようかと。



ベアリングはこんな球のようなものが連なってるパーツです。

ベアリング


パーツ購入の際に、店員さんから『圧入がなんちゃら』なんて言葉が出てたのに軽くスルーしてしまい、今度は某C氏からも『圧入してあって取るのがほにゃらら』とメールがきました。

以前にフロントフォークをスプリンガーに変えた際に、圧入なんてものを気にしないで作業(ロアアウターレースやアッパアウタレースを交換しなかった)したので、STEEDには圧入なんて関係ないものと勝手に思い込んでたので、サービスマニュアルを読み解いてみました。



どうやら、ロアアウターレースやアッパアウタレースを外すには専用工具が必要みたいなんだけど、工夫すれば専用工具じゃなくとも外せそうなので問題はなさそう。



問題あるのかな(;´Д`)



サービスマニュアルを見る限りは問題がないので、スプリンガーフォーク一式を外してみて現物を見てみる事に致します。



さぁ、どうなるんだろ。





続きはまた後日。

タイヤ交換は済んでたので、メーターギヤボックスの入荷待ち状態。



そして、メーターギヤボックスがやってきたので取り付け致しましたよ。



ブレーキキャリパーを着けたり外したりする際に必要な工具。

F型クランプ


F型クランプ(100円)。

専用工具も売ってるけど、うん千円するのでF型クランプで代用代用。



シリンダーに傷をつけない様に、押し戻します。

ブレーキキャリパー001


押し戻さないと、プレーキパッドが巧くはまらなかったりするので気をつけて下さい。








続きを読む

メーターギヤボックスとハブベアリングで書いた通り、粉砕されていたパーツ。そんな粉砕されていた辺りを注文しにナップス

steedフロントホイールとジャイロ


言葉で説明するのが面倒臭かったので、NEWなフロントホイールを持参。

取り付けするのに足りないパーツを頼むことに。



粉砕されて出てきたパーツもジップロックして持参。



新しく入っただろう店員さんと、そんな粉砕されたパーツについて色々話してメータギヤボックスを注文。



・・・で、せっかくフロントホイールごと持ってきたのでタイヤ交換も頼んでみた。

ホイール持込だと、工賃が500円安くなるんだね( ・∀・)



何気に忙しかったので、翌日にホイールを引き取りに来る事を伝えて帰宅。






続きを読む

みたままつりに向かい、不動になった後に、戻ってきたSTEED



フロントホイールのスポークの錆びの所為で、センターがずれたりしてブレーキディスクが歪んだりしたものと想像してました。



某集まりのBOSSのバイクから、スピンナーハンドルを回収(・∀・)

moon号からスピンナーハンドル


スプリンガーフォークのフロントホイール外しに使う工具。

スピンナーハンドル


ノーマルフォークだと、ヘキサゴンレンチが必要。








続きを読む

みたままつりに向かって動かなくなったSTEEDが帰ってきました。翌日に。



JAFも良かったけど、見積もりで3万円程度。



グニョングニョンになったといいつつも、低速なら走れなくもなさそうな感じもしてたので、3万円を出す価値はないな~と、もっと安い業者を探してたら日本レスキューがHIT。

日本レスキュー





続きを読む

↑このページのトップヘ